事業概要

わかくさ福祉会は平成26年度(2014年度)より多摩市チャレンジ雇用※「ハートフルオフィス」事業を受託しています。「ハートフルオフィス」では現在、5名の障害者(精神障害、発達障害、知的障害)が働いています。庁内の多くの部課より様々な業務依頼を受け、市役所での任用をステップにし、一般企業へ就職することを目的にしています。

当会では、訪問型職場適応援助者(ジョブコーチ)研修を修了した職員3名が現場支援を担当し、週に一度、1名がジョブコーチ支援を行っています。その他、年3回の体験実習や、年1回の採用前実習のコーディネートとジョブコーチ支援を行っています。

※「チャレンジ雇用」は、各府省や各自治体において、障害者を有期任用し、業務の経験を踏まえて一般企業への就職の実現を図るもので、国が推進しています。

■ リンク:多摩市チャレンジ雇用
https://www.city.tama.lg.jp/kenkofukushi/1008237/shoigai/shuro/1003069.html

 

 

 

活動内容

体験実習

 

平成26年(2014年)より、年2~3回の体験実習が行われています。この間、地域の就労移行支援事業者や就労継続支援B型事業所などから、30名近い方が参加されています。当会のジョブコーチが支援に入りながら、その方の作業や様子などを見てアセスメントし、評価票を作成します。
実習後、実習者と支援者、多摩市担当者、当会のジョブコーチが評価票を用いながら面談し、実習者のその後の事業所利用や就職活動へ活かしていただいています。

 

 

 

採用前実習

 

ハートフルオフィスには常に、6名の方が勤務していますが、在職者が一般就労へ就職するなどで欠員が出ます。その際、多摩市の広報誌「たま広報」や多摩市ホームページを通し公募します。面接選考を通過した応募者には、2週間の採用前実習に入ってもらい、その後、最終面接を実施します。
なお、当会の役割はジョブコーチ支援になり、採否の評価や判断は多摩市が行います。

 

 

 

ハートフルオフィス(チャレンジ雇用)

 

1年契約で、最長3年間勤務できる有期雇用になります。雇用されると、体験実習や採用前実習では担当できなかった庁内システムのデータ入力も、管理者の下で任されます。在職期間中に、ご本人、多摩市、支援者、ジョブコーチが連携しながら、職場定着を進めて行き、同時に、一般就労へ向けた動きをしていきます。
ハートフルオフィスでは、現在雇用されている5名(欠員1名)の他、これまでに12名が雇用され、全員が一般就労へ就職しました。採用された事業者の業種は、行政、金融、教育、福祉などと様々ですが、職種としては事務職または事務職補助で採用されています。

 

 

 

事務所概要

利用時間
月曜日~金曜日、第2・第4土曜日
10時~17時30分
休  み
第1・第3土曜日、日曜日、祝日
住  所
〒192ー0046
八王子市明神町4ー5ー3
橋捷ビル4F
FAX
042ー644ー5810
運営法人
特定非営利活動法人 わかくさ福祉会